by:乳酸菌サプリでお腹スッキリ!

TOPページ > 乳酸菌とビフィズス菌の違い
【乳酸菌とビフィズス菌の違い】

乳酸菌とビフィズス菌は分類学的に違う菌です。
乳酸菌は体の中の象徴に存在していますが、ビフィズス菌は大腸に存在しています。
乳酸菌は腸内に存在していますが、腸に長く住み着くことができないという菌なので常に補っておく必要があります。
また乳酸菌には酵素があり、ビフィズス菌には酵素がありません。乳酸菌は酸素がある場所でも存在できますが、ビフィズス菌は酸素があると生きていけない性質です。

ビフィズス菌の大きな特徴は、人間の腸内に最も多く住んでいる有用な菌であることです。人間の腸内では1~10兆のビフィズス菌が住んでいますが、乳酸菌はその1/10000~1/100以下なのです。そのため、ビフィズス菌は人間の腸内に適した菌と言えます。
また、乳酸菌は糖を分解して乳酸を多く作り出す菌ですが、ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸を作り出し、善玉菌として働きます。
ビフィズス菌は常に大腸内にある菌ですが、年齢を重ねていくうちに大腸内のビフィズス菌が減少してしまいます。そうなると悪玉菌が活発になり増殖し、大腸内に悪影響を及ぼしてしまうのです。

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌とは?

【乳酸菌とは?】 乳酸菌とは、ブドウ糖を発酵させ多量の乳酸を生産する細菌の総称です。 細菌はバクテリアとも言い、空気中や土の中、人間の皮膚や消化器官内にも存在しています。有害なイメージがありますが、乳酸菌などのように有用な細菌もあるのです。 乳酸菌は、特定の菌を指す名前ではなく、乳糖やブドウ...続きを読む

乳酸菌の効果について

【乳酸菌の効果について】 人間の腸の中には100種類ほどの細菌が生息しており、その数は100兆個にも及びます。 その中でも、腸にとって良い働きをしてくれる「善玉菌」の代表とも言える菌が乳酸菌なのです。 昔から乳酸菌は様々な食品加工に利用されてきましたが、この乳酸菌に科学の光が当てられたのは、約100年ほ...続きを読む

乳酸菌の種類

【乳酸菌の種類】 摂取した乳酸菌は、その全てが腸に到達できるわけではありません。 口から入った細菌が勝手に増殖しないように、人間には胃酸と胆汁酸という2つのバリアが備わっています。 胃酸には塩酸という強い酸が含まれており、酸に弱い乳酸菌はここで死滅してしまいます。乳酸菌は、胃酸や胆汁に強く、腸...続きを読む

乳酸菌とビフィズス菌の違い

【乳酸菌とビフィズス菌の違い】 乳酸菌とビフィズス菌は分類学的に違う菌です。 乳酸菌は体の中の象徴に存在していますが、ビフィズス菌は大腸に存在しています。 乳酸菌は腸内に存在していますが、腸に長く住み着くことができないという菌なので常に補っておく必要があります。 また乳酸菌には酵素があり、ビフ...続きを読む